デジタルID管理と優れた顧客体験の間のギャップを埋める

企業が優れたCXを提供するためには、可能な限り最高のID管理を備え、デジタルチャネルを横断するカスタマージャーニーを制御し、サポートする必要があります。パーソナライズされた体験がなければ、顧客は離れていき、企業は数百万ドル (数億円) もの収益を失うことになります。米国とヨーロッパでの新しいプライバシー規制を受け、デジタルID管理はサードパーティのCookieの喪失という新たな問題に直面しています。CelebrusとTeradataは提携し、Teradata Vantageでこの問題を解決する洗練されたソリューションを提供します。企業は使用するデータを所有し、プライバシー法に準拠すると同時に、ほぼリアルタイムでアクセスし意思決定を行う堅牢なデータ分析プラットフォームを実現できるようになります。

テラデータからもっと見る